|

日本の未来の通信システム

5Gの時代がやってきました。
5Gとは、英語にすると「5th Generation」ですが、日本語にすると五世代移動通信システムと呼びます。
2019年頃に日本で5G通信が開始されました。
これで、企業・医療・農業・工業のネットワークのスピードがかなり上がり、効率的に良くなっていくだろうと想像します。
しかも、医療に関しては、医者が日本にいながら、遠い国の患者に手術支援ロボットがネットを介して遠隔手術を行っています。
これが4Gの時代だと遅延は、数秒ですが、5Gだと1秒丁度まで短縮されます。
他にもVRとかオンラインゲームなどネットワーク速度の遅延が短縮され、スムーズにできるようになり、戦略や戦術の指示などが楽になります。
通信システムは、今の時代に沿って経済の発展に繋がり、ネットワークを介するAIもスムーズになりますので、素晴らしい技術になっていきます。

通信システムの歴史

1G時代

1Gは、1980年代のアナログ無線です。
出来る範囲は、相手に電波で音声を送る事です。
携帯電話が大きくて、重くてやりにくいそうです。
いつでもどこでも電話が出来るようになった事が大きい。
しかし、電波がアナログであった為、暗号化されていない為、盗聴しやすい欠点があったそうです。
1Gの通信速度はおよそ10kbpsだと思います。

2G時代

2Gは、1990年代のデジタル方式による通信システムです。
つまり、無線技術をデジタル化にした事によってデータ通信が本格化します。
それによって、音声を送るだけではなく、メールによる文字も送る事が出来るようになりました。
当時はポケベル時代で、数字しか送れなかったそうです。
(15618513→おはよう)
こんな感じに読みます。
ポケベルの数字の意味をもっと知りたい場合は、下記のURLをご覧ください。
https://dailyportalz.jp/kiji/Pager-code
少しずつ技術が上がり、数字だけではなく、ひらかな・カタカナも送れるようになりました。
2Gの通信速度の最大は64kbpsです。

3G時代

3Gは、2000年代で、現代でもまだ使われている技術です。
2Gの時では、国際通信ではまだ出来なかったのですが、3Gの登場で、国際通信連合(ITU)が定める「IMT-2000(International Mobile Telecommunications-2000)」の導入により、国際でも通信が出来るようになりました。
3Gの通信速度の最大は3.6Mbpsになり、2Gよりおよそ5倍くらいに早くなっています。
3Gでは、通信速度が速くなり、メール内の添付に画像が送れたり、インターネットの閲覧が軽くなり、動画も見れるようになりました。
また、ガラゲーの映像がモノクロからカラーになり、色の区別がつきやすくなりました。
しかし、4Gや5Gがある今、3Gの通信スピードが追いつかなくなり、5年以内には廃止するだろうと想定します。

4G時代

4Gは、2010年代の3Gを更に高速化した通信です。
4Gの通信速度は、100Mbps~1Gbpsです。
高速化通信の為にLTE(Long Term Evolution)の登場により、最大1Gbpsまで引き上げられました。
LTEは、3.9Gの技術ですが、4G扱いにしています。
4Gの登場により、3Gでは、画像や動画ではもっと軽く小さくしなければならず、どうしても粗くなる部分がありました。
今は、画像も動画もハイクオリティレベルで、粗い部分が無くなり、はっきりと綺麗に見れるようになりました。

イメージ

5G時代

5Gは、2019年に登場した最新通信システムです。
5Gの通信速度は、10Gbps(2000Mbps)位のスピードになり、4Kや8Kの高精細映像がきれいに映るようになります。
しかも、遠隔操作による遅延が少なくなりリアルタイムで色々把握する事が出来ます。
また、自動運転システムでもスムーズにいくようになります。
5Gのメリットが多く、効率面・技術面・開発面などの色んな事が出来るようになります。
これは世界にとって大きな貢献になり、5Gは必要と言える。

5Gのデメリットとは?

5Gから流れる電波の特性問題です。
電波といっても電気を流した時に発生する「電場」が波のように空間を移動していく現象の事です。
普通の目では見えない電波が信号に変わり通信が出来るようになります。
電波の周波数が強くなればなるほど、通信速度がかなり早くなります。
軍事用のレーダーでは、周波数が300GHzの電波が流されており、周りの情報をかなりキャッチが出来ます。
5Gのレベルの周波数は、3GHz~最大28GHz?くらいですが、情報は一部だけ制限されています。

5Gのデメリットってどこに問題があるのか?

それは電波の事です。
何故なら、電波による人体に影響が出てきます。
外国では、電波による被害がニュースになっており、確証は言えませんが、ガンになったり脳腫瘍になったりするような健康リスクが出てきます。
しかも、複数の携帯電話による電波でポップコーンが作れるという危険性があります。
妊婦の電波ばく露による一定量以上の電磁波で、産まれた子どもが喘息や肥満や行動障害などのリスクが出てきます。
https://www.denjiha-honpo.com/?mode=f44

しかし、日本や医師の意見では、「電磁波による影響はない」と説明されています。
この世は、自分の身の回りに電子機器があふれているので、すべて絶つのは難しいです。
その為に電磁波から身を守るという知識が必要になってきます。
未来は5G以上電磁波が強くなっていくそれを守るためには?
電磁波による人体の健康リスクが出てきます。
しかし、一番厄介なのは、外部から電磁波だけではなく、スマートフォンの接続の状態が圏外だったり、1本だったりすると電波を必死に探す為に周波数が強くなっていきます。
その為に外部からだけではなく、内部も健康リスクが高まります。
それを完全防ぐのは難しい。
電磁波から防ぐ為には、内外から出てくる電磁波から守る為のバリアが必要になります。

belly armor(ベリィアモール)というメーカーのベリィ・Tシャツ 電磁波対策マタニティTシャツ
下記は参考です(Amazonサイト)
https://amzn.to/34bQLVT
上記のような電磁波から守るバリアの対策が必要になります。

電磁波から99%は遮蔽できるレディアシールドファブリックの生地といった魔法の布です。
布と布の間の隙間から電磁波に入ってしまうので、完全に防ぐ訳ではないけど、ある程度の人体を守る事が出来ます。

belly armor(ベリィアモール)についての説明

ベリィアモールの電磁波カット(遮断)の効果を確認する方法
http://www.bellyarmor.jp/index.php/denjihakakunin/
RadiaShieldR Fabricと電磁波の遮へい(シールド)効果について特許出願中
http://www.bellyarmor.jp/index.php/shielding-effect/
http://www.melissajapan.co.jp/belly-armor/more/

今のところは妊婦の為のマタニティしか開発されていません。
未来は、電磁波対策がされた服が流行るのではないかと考えられます。
今のところは小児や妊婦向けなので、多少は値が張ります。
もし、人気が上がって、大量生産するようになれば、少しずつ安くなっていくと想定します。

まとめ

技術の進歩による日本の経済・生産・医療などのスピードが早くなります。
通信システムの歴史では、1G~5Gまでの進歩は10年ごとに更新され、音→文字→画像や動画→国際まで広がっていくような目覚ましい進歩を遂げている。
4Gでは出来なかった技術が5Gになると仮想空間のようにVRが出来るようになり、人々を喜ばせるでしょう。
しかし、電磁波問題は、周波数が強くなればなるほど、人体による健康リスクが高まります。
それを防ぐ為に電磁波対策が必要になります。
未来は、必ず電磁波対策を施されたものを色々開発するだろうと想定します。
電磁波対策された服・ズボン・靴・靴下・帽子・マフラーなど開発ができそうだね。
夏になると肌の露出が多くなるけど、涼しい服のアイデアが必要だね。
そうすれば、世界中の人々が健康になり、ガンや病気になるリスクがかなり減るとわたしは考えています。
世界の人々の幸せになれると思います。