|

ムーンショット計画

日本の新しい未来は、どんな姿になるのか気になりませんか?
内閣府では、既に未来計画が用意されているそうです。
用意されているって事は一体どんな未来を描いているのか。

日本の新しい未来の計画

  • その未来計画は、「ムーンショット計画」と呼ばれていて、2050年の目標に向けて現在まで逆算し、それらの目標を達成しようと計画しています。
  • しかし、「ムーンショット計画」と聞いても意味が分からないかと思います。
  • ムーンショットとは、簡単に言えば「壮大な目標」の事。
  • しかし、Moon shotのそのままの意味に表すと「月に向かってロケットを打ち上げる行為」ですが、簡単に実現できない独創的な目標があり、現実化すれば、宇宙航空科学技術としては大きく進歩・発展するでしょう。
  • ムーンショットという名前の由来は、アメリカの第35代大統領であるジョン・F・ケネディの言葉からだそうです。

  • ジョンF.ケネディ大統領の合衆国議会会議前の1961年5月25日のスピーチにて、アポロ計画があり、「人間を月に送り、無事に帰還させる」という発言をしました。
  • この言葉から、ムーンショットという考えが誕生したと思われる。

しかし、月に向かってロケットを打ち上げる行為(ムーンショット)は、無謀と思われたが、結果は、1969年に月面着陸する事を成功し、人類史上初となり、宇宙開拓が始まりました。

ムーンショット計画は進捗中

  • 内閣府は、ムーンショット計画を実施しております。
  • 2050年の目標を持って、2050年から現在まで逆算し、計画を立てているそうです。
  • まず、内閣府考案である未来の目標を確認してみましょう。
  • https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/index.html
  • 1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現
  • 2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現
  • 3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現
  • 4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現
  • 5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出
  • 6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現
  • 7.2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現
参考画像
危険

素晴らしい目標だと思いますが、しかし、近未来は人間としての肉体や精神が無くなっていくと考えています。

身体、脳、空間、時間の制約から解放

まず、1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現ですが、「誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤」

サイバネティックとは、人工頭脳学は、通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問という事。
即ち、攻殻機動隊のような世界作りにしようとしていると考えられます。
この場合は、確かに人間としての生きる為の最大の欲である、三大欲求が無くなり、人間としての楽しみが減る可能性。
子どもが作れなくなり、大量のクローン人間を作る可能性。

攻殻機動隊のような世界

超早期に疾患の予測・予防

それが出来れば、病気が少なくなり、人間としての自由な行動が出来て、生きる幸せにつながるので、実現した方が良いですね。

AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボット

実現した方が良い部分がありますが、度を超えてはいけない部分もあります。
AIが自律せず、最低限まで抑えた方が良いと考えています。
最高でも人間の欠点をサポートするくらいで良いと思います。
例えば、人間の代わりに掃除をしたり、料理をしたり、洗濯したり、事務したりなど。
また、人間の代わりにロボットが会社行って、金を稼ぐとか、人間では行けないようなところでもロボットなら、長時間活動ができるなど。
人間を超えない範囲のシステムなら、必要だと考えてます。

何故なら、AIはプログラムによって色々学習していきますが、長い間の積み重ねによって、人間の考え方を超越し、ドラえもんの映画のブリキの迷宮といった国レベルになると必ず人間の幸せよりAIの幸せを選ぶような行動を促すようになると考えていますので、AIを政治家まで進んではいけない。
自由が無くなり、幸福が一生得られなくなりAI独裁者のようになるだろう。
また、人間は欠点があれば、ある程、良い未来を見出せる事が出来るので、その都度に欠点を修正すれば良いのが人間の使命である。

超早期に疾患の予測・予防

それが出来れば、病気が少なくなり、人間としての自由な行動が出来て、生きる幸せにつながるので、実現した方が良いですね。

未来の為に実現すべき! 2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現
4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現
5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出
6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現
7.2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現

※2と4~7は人間として必要な目標だと思いますので、ぜひ実現した方が良いと考えています。
未来が崩壊する可能性 1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現
3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現
地球の人口はおよそ70億人います。
人が多過ぎて、食糧不足、環境破壊、疾病などがひどい。
あらゆるの問題を理想社会にするように解決する為に人口削減しようと考えている人がいます。

ジョージアガイアストーン

その証拠としては、アメリカにあるジョージアガイアストーンを見て頂きたい。(Wiki情報を抜粋)
英語 Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature.
Guide reproduction wisely ? improving fitness and diversity.
Unite humanity with a living new language.
Rule passion ? faith ? tradition ? and all things with tempered reason.
Protect people and nations with fair laws and just courts.
Let all nations rule internally resolving external disputes in a world court.
Avoid petty laws and useless officials.
Balance personal rights with social duties.
Prize truth ? beauty ? love ? seeking harmony with the infinite.
Be not a cancer on the earth ? Leave room for nature ? Leave room for nature.
英語を日本語にすると 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
新しい生きた言葉で人類を団結させる
熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
狭量な法律や無駄な役人を廃す
社会的義務で個人的権利の平衡をとる
無限の調和を求める真・美・愛を賛える
地球の癌にならない - 自然の為の余地を残すこと - 自然の為の余地を残すこと
  • 一番の問題点は、「人類は5億人以下を維持する」、地球の人口を70億人を5億人まで減らす
  • つまり、どうやって65億人を減らすか?
  • 戦争して人を減らす。
    人工による天変地異などを起こして、人を減らす。
    未知の病原体を流行って、人を減らす。
    子どもを作らせないように薬を入れる。
  • 人工地震・危険なワクチン・ガン抑制剤・未知のウイルス・戦争や紛争など
  • それくらいの酷い方法はいくらでもありますが、、、
  • 人を減らそうと考える人は、自己中心的でお金儲けしか考えていない人なので、人間としての大事なところを忘れている。
    人間は、他人に愛を与える為に生きる事が絶対的使命であり、神様に与えられた天命と同じなのです。
    また、自身に愛が無ければ、人間は生きる理由が無く、何の為に生きているのか?を忘れてしまいます。
  • 恋愛的な愛ではなく、幸福の為の愛は本当に必要であり、愛に尽きる事が無く、他人の為に愛を与え続ける事が出来るのだ。

まとめ

  • ムーンショット計画はジョン・F・ケネディの言葉であり、良い未来の為に培ったものなんだと思います。
  • しかし、それを利用した計画で、1と3の一部は絶対に実現しない方が良い部分だと考えています。
    何故なら、攻殻機動隊のような世界になり、唯物的な視点になり、幸せになるかと思えば、実は違うのです。
    身体の自由が制限され、人間としての幸せが全て無くなり、幸せは一生得られなくなります。
  • また、地球の人口が多過ぎて、食糧不足に悩ませているかもしれませんが、それを減らそうと考える人がいますが、その考えは実は智慧不足なのではないかとわたしは思います。
  • 最終的に、人間というものは地球上で魂の修行の為に神さまが肉体のある人を与えてくださったのです。
    自身の使命としては、簡単に言えば、「人の為に何かを成したか?」それが出来なければ、達成したとは言えない。
    例え、会社を起業したとか、家族を支えたとかでは使命としては小さすぎます。
  • 何百人ものの人々の幸せを与えたとか他人に夢を与えたなどなら大きく変わるとわたしは考えています。
  • それが人間の使命である事を忘れてはなりません。