イイシラセ

  • お問い合わせ

四次元

    四次元は、三次元の世界の縦、横、高さに加えて、時間が要素として入ってくる。
    三次元の世界では、同一空間内に存在する事物は、同一時間を共有している。
    しかし、四次元の場合は、そうではありません。
    何故なら、三次元の世界で私たちが握手する人間、接する事物は、何年何月何日の何時という同じ時間の時点に必ず存在するわけですが、四次元世界になるとそうではなくなる。
    例えば、四次元の住人は、握手している人間同士が同じ時代の人間とは限らないです。
    鎌倉時代の人間と昭和時代の人間が、同じ場所で握手できる。
    三次元では、絶対にあり得ないことが起こるのです。
    四次元の世界の建物は、いつも同じ建物とは限らないのです。
    その建物は、現在建てているのか?あるいは過去にあった建物とゴロゴロ変化していくのです。
    現在の建物であれ、過去の建物であれ、はっきりとした手触りがあり、実在感はあります。
    また、ある老人が若返ったり、老けたりと変化することもできます。
    更に三次元世界が将来起ころうとしている出来事が四次元では、すでに起こっていることが分かる。
    それが四次元の世界です。






  • 参考書籍

スポンサーリンク