イイシラセ

  • お問い合わせ

罪の子(ツミノコ)

    罪の子は、イエス・キリストの説法により説いたものです。
    罪の子の基本的な意味は、犯罪者の子と言った方がわかりやすいでしょうか、殺人、強盗、強姦、詐欺などの一般的な犯罪の社会的犯罪を起こし、孫代まで犯罪を続いてしまう事です。
    当時のイエス・キリストがいた時のギリシャの治安は、かなり酷い状態でした。
    罪を重ねないように「罪の子になるよ」と信者に説きました。
    しかし、今の「罪の子」の意味は、人間だったことに対する罪と考える人が多いのです。
    イエス・キリストの霊言では、罪の子を考えている今の姿を見て、「残念です」と答えました。
    何故なら、イエス・キリストの考える「罪の子」は、当時の事を説いているのであって、人間は、みんな罪の子ではありません。
    神の子」なのです。
    イエス・キリストは、愛だけを説いており、あの世とか生まれ変わりなどの信者に説明出来ず、後悔しておりました。
    それが今のキリスト教の実態になっております。
    次のイエス・キリストが生まれ変わりの時にあの世や生まれ変わりについてを説法することになると考えられます。





スポンサーリンク