イイシラセ

  • お問い合わせ

    死は、仏教の教えの内の四苦の一つです。
    死とは、死ぬ時の苦しみです。
    事故死、病死、戦死、老死などです。
    死の種類はそれぞれありますが、肉体を持つ人間は、永遠に生きる事は出来ず、死は必ず来るという苦しみなのです。
    その為、人間はみんな、死の恐怖が出てくるのです。
    自分は、「生きたい」と思っても肉体の人間の間には、死が必ず来てしまうのです。
    人間は、その死という悟りを覚悟する勇気が必要です。





スポンサーリンク